家族葬を安く済ませる方法

近年、家族葬が多くの人々に選ばれるようになってきました。家族葬は親しい人だけで行う小規模な葬儀で、大規模な葬儀に比べて経済的であり、故人とのより個人的なお別れが可能です。しかし、それでも費用が気になる方は少なくありません。ここでは、家族葬をより低コストで行うためのいくつかの方法をご紹介します。

家族葬の費用構成

家族葬の費用は、葬儀社の選び方、サービスの内容、地域によって異なりますが、一般的に以下のような構成となります。

  • 式場費: 使用する葬儀場や斎場のレンタル費。
  • 遺体の搬送・安置費: 故人を病院や自宅から葬儀場へ搬送し、安置するまでの費用。
  • 司会者・スタッフの手配費: 葬儀を進行する司会者や、葬儀を支えるスタッフの人件費。
  • 花飾り・供花: 式場を飾る花や、供える花の費用。
  • 飲食物の提供: 参列者に提供する飲食物の費用。
  • 返礼品: 参列者へのお礼として配る返礼品の費用。

家族葬のコストを抑える方法

  1. 葬儀社の選び方
    • 複数の見積もりを取る: 地元の複数の葬儀社から見積もりを取り、サービス内容と料金を比較しましょう。
    • サービスの質を重視: 価格だけでなく、サービスの質や提供されるオプション、スタッフの対応も重要です。
  2. 必要なサービスを見極める
    • 省略可能なサービスを特定: 遺体安置、通夜、葬儀、告別式など、どのサービスを省略できるかを家族で話し合いましょう。
    • 無駄なサービスを削減: 無駄なサービスを削減することで、大きくコストを下げることが可能です。
  3. 自宅での葬儀を検討する
    • 会場費用の節約: 自宅で葬儀を行うことで、会場費用を節約できます。
    • 柔軟なアレンジが可能: 自宅であれば、葬儀社が提供するパッケージをそのまま受け入れる必要もなく、より柔軟に葬儀をアレンジできる可能性があります。
  4. 花や装飾をシンプルにする
    • シンプルな装飾: 故人が好きだった花一種類で飾り付けを行うなど、シンプルかつ意味のある装飾にすることで、感動的ながらコストを抑えることができます。
  5. 追加の追悼品や記念品を省略
    • 必要最低限に抑える: 追悼品や記念品にも多くの費用がかかることがあります。
    • 自作で節約: 必要最低限に抑えるか、あるいは全て自作することで、費用を節約できます。自作することによって、より個人的な思い出にもなります。
  6. 飲食の手配を簡素化
    • 手作りの料理: 高価な料理や外部のケータリングサービスを使わず、家族だけで手作りの料理を用意することで、大幅にコストを削減できます。
  7. デジタル招待状の活用
    • 印刷や郵送のコストを節約: 招待状は、デジタル形式で送ることで、印刷や郵送にかかる費用を節約できます。
    • パーソナライズされた内容: デジタル招待状ならではのデザインや動画を加えることで、よりパーソナライズされた内容にすることも可能です。
  8. 葬儀の参列者を限定する
    • 親しい人たちだけで行う: 家族葬は、本来親しい人たちだけで行うものです。
    • 規模を小さく保つ: 参列者を家族や親しい友人に限定することで、会場や食事の規模を小さく保つことができ、結果的にコストを抑えることができます。
  9. 質素な棺を選ぶ
    • 高価な棺を避ける: 高価な棺を選ぶ必要はありません。
    • 品質の良い棺: 質素でも品質の良い棺を選ぶことで、大幅に費用を削減できます。棺は葬儀の象徴的な要素であるため、故人にふさわしいものを選ぶことが大切です。
  10. 政府や地域の支援を利用する
  • 支援制度の確認: 地域によっては、葬儀費用の支援制度が存在することがあります。
  • 社会福祉課への問い合わせ: 市町村の社会福祉課などに問い合わせることで、支援の有無や申請方法を確認することができます。

FAQ: 家族葬の低コスト化に関する質問

Q: 自宅での葬儀はどのようなメリットがありますか?
A: 自宅での葬儀は、会場費用の節約に加え、家族のプライベートな空間で故人を偲ぶことができます。また、自宅で行うことで、葬儀の内容や進行を柔軟にアレンジすることが可能です。

Q: 葬儀で高額な費用がかかる部分はどこですか?
A: 通常、棺、会場費、飲食、追悼品の提供に多くの費用が発生します。これらの項目を見直し、削減することでコストを抑えることができます。

Q: 葬儀社を選ぶ際のポイントは何ですか?
A: 葬儀社を選ぶ際には、複数の見積もりを取り、サービス内容と料金を比較することが重要です。また、価格だけでなく、サービスの質やスタッフの対応も重視しましょう。

こちらが家族葬の平均コスト内訳を示す表です。この表を参考にして、どの項目でコスト削減が可能か検討してみてください。

項目 割合 (%) 備考
25 質素な棺でも品質の良いものを選ぶ
会場費 20 自宅での葬儀を検討して会場費用を節約
飲食 30 手作りの料理を用意してコスト削減
追悼品 15 追悼品を自作して費用を抑える
その他 10 不要なサービスを省略

日本10个地区家庭丧葬费用比较

地区 家庭丧葬费用 一般丧葬费用
北海道 95万日元 1,400,000日元
东京 1,050,000日元 1,500,000日元
神奈川 1,100,000日元 1,550,000日元
京都市 1,070,000日元 1,480,000日元
大阪 1,080,000日元 1,500,000日元
滨松市 1,000,000日元 1,420,000日元
爱知县 1,030,000日元 1,450,000日元
福冈 1,060,000日元 1,490,000日元
广岛 1,040,000日元 1,460,000日元
冲绳 99万日元 1,390,000日元

日本での手頃な家族葬サービス提供会社

葬儀社名 提供するサービス 費用
平安会館 基本葬儀プラン, 遺体安置, 棺お花, 無料送迎 ¥600,000
エンディングノート シンプル火葬プラン, 遺体搬送, 火葬式, 後飾り ¥500,000
セレモア エコ葬儀プラン, 棺, 遺体保管, 返礼品 ¥550,000
ファミーユ コンパクト葬儀プラン, 管理費込, 自由設計 ¥580,000
ソラリア葬儀 基本火葬式, 棺基本プラン, 遺体搬送 ¥470,000
お別れ会館 家族葬専用プラン, シンプルセット, 花飾り ¥560,000

参照リンク

以下のリンクから、家族葬の費用を抑えるための詳細な情報を得ることができます:

  1. https://www.osohshiki.jp/column/article/501/
  2. https://www.heiansaiten.com/plan/kazokusou/cost/
  3. https://www.e-sogi.com/guide/413/