急な支出や生活費が発生し、わずかながら資金が不足することはありませんか?1万円から10万円ほどの少額融資が必要な場合、有効な方法がいくつかあります。お金のピンチ時に使える対処法を紹介いたします。適な借入方法は個人により異なりますので、自身に適した方法を選んでください。

銀行のカードローン

銀行のカードローンの主な利点は、「銀行特有の信頼感」と「低金利」です。銀行のカードローンの上限金利は約14.5%であり、消費者金融のカードローンの約18.0%よりも低い傾向があります。金利は返済総額に影響を与えるため、できるだけ低い金利を選ぶことが重要です。
ただし、銀行の審査には時間がかかるため、即日融資が必要な場合は向いていません。

消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンの特徴は、融資までの迅速なスピードです。同日中に現金を受け取ることができる業者も多く存在します。

金利は一般的に銀行よりも高い傾向がありますが、初回利用者向けに無利息期間を提供していることもあります。1万円から10万円程度の少額を短期間で返済する場合に適しています。オンラインでの申し込みや契約が可能な業者も増えており、家族に知られずに手続きができる点が利点です。

クレジットカードのキャッシング枠

速やかに資金を調達したい場合は、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法があります。これにはキャッシング機能が付いたクレジットカードを所有している必要があります。この方法では即座にATMから現金を引き出すことができ、再申込みや審査をする必要がないため、非常に迅速です。ただし、金利は一般的に15.0〜18.0%と高めなので、短期かつ小額での利用がおすすめです

自治体からお金を借りる

公的な融資である「生活福祉資金貸付制度」は、低所得者、高齢者、障害者などが安定した生活を確保できるよう、都道府県の社会福祉協議会が低金利で資金を貸し付け、相談や支援を提供する制度です。

対象となる世帯:

  • 低所得者世帯
  • 障害者世帯
  • 高齢者世帯

質屋で現金を調達する

カードローンやキャッシングが難しい場合は、質屋を利用することも一つの手段です。質屋では品物を担保にして融資を受けることができます。信用情報の確認が不要なため、ブラックの方や無職の方でも融資が可能です。品物の価値や状態によりますが、迅速な現金調達が可能です。

自分の状況に合わせて適切な借入方法を選ぶことが重要です。今日や明日にお金が必要な場合は消費者金融のカードローンが、数日待てる場合は低金利の銀行系カードローンが適しています。急な現金が必要な場合はクレジットカードのキャッシングを検討し、それでも難しい場合は質屋を利用することも考えましょう。各借入先のメリットとデメリットを把握し、慎重に選択しましょう。